トラブルを避ける!マンション管理規約のチェックポイント

管理規約に目を通せばマンション選びが変わる!

気持ちよく生活するためのルール

マンションのルールの決め方

管理規約を変更する際には特別決議で可決される必要がありますが、詳細などの細かいルールについては、少し基準が緩くなり普通決議で変更したり、設定したりすることができるようになっているというマンションが多いようです。

特別決議とは4分の3以上の賛成で可決されることになっており重要な事案に対して行われるものですが、これに対して普通決議とは半数以上の同意を得られれば可決されることになっているという点で成立するための難易度が違ってくるのです。
既に数年間をそのマンションの住人として過ごし、管理組合や他の住人とも良好な関係を築くことができていれば、そのハードルを下げることは可能です。

そうやってトラブルを防いでマンション全体を住みやすい環境へと作り上げていくことは、そこに住んでいる人たち全員の願いであると言えるでしょう。

管理組合に届け出ること

管理組合への届け出が必要なことは結構たくさんあるようです。
もし届け出ることを怠ってしまったとしても、それほど大きな問題にはならないと思うかもしれませんが、人間の心理とは複雑なもので無断では許せないようなことでも、前もってひと言あるだけで許せてしまうということが多々あります。
つまり近隣住人とのトラブルを避けたいと思ったら、管理規約に目を通して必要に応じた届け出を済ませておくことが大切です。

届け出が必要になるケースとして見ていくと、やはりペットを飼うことになった時やリフォームをすることになった時というのが代表的な例のようですね。
駐車場や駐輪場に止めておくものに変更があった場合にも届け出が必要なところがほとんどです。
そうしないと無断で止めているのかどうかを判断することができず、次第に見知らぬ人が出入りするようになっても把握しきれないという事態にまで発展してしまうからです。


▲先頭へ戻る