トラブルを避ける!マンション管理規約のチェックポイント

管理規約に目を通せばマンション選びが変わる!

管理規約の確認が必要なわけ

マンションには国土交通省の標準管理規約を参考にして作られた個々の管理規約というものが存在しています。 この管理規約が守られているかどうかで、他の住人の民度を推し量ることもできるでしょう。 共用のエリアの中で生活していく為のルールを定めて管理するための管理規約は大切なものなのです。

住宅ローンとは別にずっと必要になる費用

購入したマンションであっても一生ものではありません。 一定期間が経過すれば修繕が必要となりますから、そのための資金を月々積み立てていくことになるのです。 「せっかく家賃を払う必要がなくなったのに」と思うかもしれませんが、こうした費用は必要なものなのでしっかりと計算に入れて支払っていくようにしましょう。

気持ちよく生活するためのルール

入居者のルールとして代表的なものは、ペットの問題や楽器使用の問題、駐車場などの共用部分の使用法などではないでしょうか? また、様々な理由からリフォームが必要になった時の手順など遅かれ早かれ誰にでも起こりうる問題についても確認しておくといいでしょう。

入居者に義務付けられたルール

たくさんの文字が並び難しいことを言っているように思える管理規約の内容については、ついついスルーしてしまいたくなりますよね。
しかし後々のトラブルを防ぐためにも、マンションの立地条件や外見だけを見て契約を決めるのではなく、管理規約の内容もきちんとチェックしてから決定してほしいと思います。

マンション購入資金の他に必要になってくる費用についての詳しい取り決めについても、管理規約で定められているはずです。
そのような資金をどのようにして徴収し積み立てているのかというようなことも、人任せにせずしっかりと確認しておくといいでしょう。
細かいことのように思えますが、このような点が不明瞭で管理が杜撰なマンションはお勧めできないということになりますから注意してください。

ペットを飼う時の決まり事やリフォームを考えた時の対処法、その他にも共用部分の使用法などのルールを知っておかないと不必要なトラブルが発生してしまうかもしれません。
何も知らない子どもたちが敷地内でボール遊びなどをして怒られ、怖い思いをしてしまったという例もあるようです。
マンションを購入して引っ越してきたのだとしたら、そう簡単には移り住むこともできないと思いますので、事前にこうしたルールを確認しておいた方がいいでしょう。

このようなトラブルを未然に防ぎながら暮らしやすいマンションを手に入れるために、特に注意したい管理規約の内容について紹介していきたいと思います。

▲先頭へ戻る